ちゃんと、使用方法にこだわって
化粧品を使っていますか?

化粧品には、立派に使い方が存在します。

医薬品ではないので、
使い方を少し間違った程度では、
アレルギーなどを除いて、
すぐに肌に異常が起きたり、
悪化したりするものではありません。

しかし、良い肌実感が
十分に得られないのは確かです。

化粧品がそれぞれうたっている効果というのは、
正しい使い方で使用することを前提にしているのです。

分かりやすい例を挙げると、
こっくりした感触の保湿クリームの後に、
さっぱりした化粧水を使用するとします。

潤いの膜を張ってしまった後では、
水分を補おうと思っても、
思うように入っていってくれません。

使用順序だけではありません。

使用量は足りていますか?
多すぎませんか?

こちらも分かりやすい例を挙げます。
化粧水を節約しようと、
コットンに少量のせ、
顔に使用するとします。

十分に水分を含まず、
コットンの乾いている部分で
肌をこすってしまいますよね。

水分を補うどころか、
肌が持っている大事な油分までも
取っていってしまいます。

これらが、一般的な化粧品全般に言える、
使い方の基本です。

それから、それぞれの化粧品会社が、
会社独自のオススメの使い方を
ご案内している場合があります。


アイムピンチ

このように、化粧品の使い方は、
良い肌実感を十分に得られるようにする
大事なポイントですので、
美容部員にアドバイスを求めたり、
公式サイトで調べてみたりするのが良いでしょう。

では、口コミで人気のビーグレンcセラムを例にとり、
使い方のコツをみていきましょう。

ビーグレンcセラムの使い方

ビーグレンcセラムは、
美容液の分類に入ります。

スキンケアステップは、一般に、
クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、
乳液またはクリーム、美容オイルやナイトクリーム、
という順番に使用します。

一般的には、油分の少ないものから先に、
油分の多いものは後に使用するのが基本です。

せっかく、潤いを補おうと取り入れた
水分が蒸発しないよう、
油分の多いものでフタをする、
なんて説明は有名ですよね。

ビーグレンcセラムも、
この一般のスキンケアステップの
美容液の順序で取り入れていただくのが正解です。

使用量は、直径2センチ程度と推奨されています。
大げさに言えば、顔の大きさなどで
適した使用量は若干前後すると思いますが、
標準の量ということですね。

もったいぶって、直径1センチしか使いません!
ということだと、少なそうですね。

そして、ビーグレンcセラムは、
製品の特長である、ピュアビタミンCに配慮した
使い方の注意点もあります。

ピュアビタミンCの酸化を防ぐため、
エアレスチューブになっています。

もったいないとのことで、
チューブをハサミで切って
一滴残さず愛用している方もいらっしゃるそうです。

チューブを切ってしまったなら、
成分の効果を十分に肌に取り入れるためにも、
その時に使い切ってしまいましょう。

手にとったら、すぐにキャップを閉めることも大事ですね。

そもそも、ビタミンCの酸化が
肌にどう影響するのでしょうか。

肌は、肌の乾燥や紫外線ダメージなどにより、
肌に老化などの悪影響を引き起こしてしまう
活性酸素が発生するのです。

つまりは、細胞を酸化させてしまいます。

ビタミンCは、酸化してしまいそうな細胞の代わりとなり、
細胞を守ってくれる働きがあります。

安全性も非常に高いとされており、
美容成分として大変人気ですよね。

優れたビーグレンcセラムを
もったいない存在にしないよう、
正しい使い方を心がけて使用しましょう。

効果を最大限に生かすためには

もちろん、使い方を正すということが、
効果を最大限に生かすことのできる最短の道です。

それに合わせ、
美容成分の特徴をとらえた、
スペシャルケアを取り入れるのもオススメです。

ビタミンCといえば、
美白ケアのイメージが強いですが、
毛穴の開き対策にも働き、人気です。

特に、ビーグレンcセラムのピュアビタミンCは、
肌への浸透が早くなるよう、研究されています。

鼻など、毛穴の開きが気になりがちな場所に、
ビーグレンcセラムを塗り、
ラップでパックする、なんていう
毛穴引き締めパックが簡単にできます。

口コミを見ていると、
約10分程度パックするのがいいそうですよ。

使用するときの注意点

最後に、使用する際の注意点をみていきましょう。

皆様お分かりのように、
間違った使い方をしないのが大前提ですよね。

正しい使い方で、
何かしら肌に異常があるようでしたら、
成分が肌に合わなかったりすることも考えられますので、
少し慎重になってみましょう。

ビーグレンcセラムも、
優れていて人気の美容液ですが、
過剰な皮脂を抑える働きもありますので、
乾燥肌の方はまれに合わない方もいるそうです。

自分の肌質やその時の肌状態に合わせ、
化粧品をシビアに考えるのが大切です。

ビーグレンcセラムを例に、
使い方と注意点をみてきました。

化粧品は、知っていくとかなり深いものです。

難しそうで、新しい知識として
面白いものでもありますので、
是非、毎日のスキンケアを楽しんでみてください。