セラミド化粧水をドラッグストアで購入するのは危険!?

ドラッグストアで気軽に購入できるセラミド化粧水をご存知ですか?

お肌の乾燥対策に良いということで、
人気が広まり、化粧品業界の中で
今やブームになっているのではないでしょうか。

人間の肌には、様々な良い肌状態を保つ働きが備わっていますが、
20歳をピークにその働きはいずれも下り坂となります。

肌質は人によって違います。
それぞれの肌質によって、
中でも弱い部分に肌の変化が現れやすいのです。

特に、その悩みとして、
「乾燥」というワードはつきものですよね。

これそそが、まさに
セラミド化粧水が注目されている理由です。

セラミド化粧水とは?

まず、セラミドとは、
肌の細胞と細胞の間に存在し、
肌の水分を保つ働きがあります。

外からの刺激を守るバリア機能も備えており、
肌荒れ防止にも役立っています。

セラミド化粧水とは、その名の通り、
セラミドを主成分とした化粧水です。

セラミドは、もともと肌に存在する成分なので、
なんとなく肌にも優しそうですね。

世間にはどのようなセラミド化粧水があるのか、
以下、みていきましょう。

ドラッグストアで買えるセラミド化粧水

ドラッグストアでも気軽に購入できる
セラミド化粧水。

ドラッグストアで人気の、
セザンヌのセラミド化粧水を例にみていきましょう。

1本で約4か月分の大容量という、
持ちの良さが人気のカギのようです。

もうひとつ、現在、他の化粧品会社からも
注目されている、ヒト型セラミドが配合されています。

ヒトの肌の細胞のパズルにはまりやすく、
一般的に相性が良いセラミドなのです。

そして、セザンヌのセラミド化粧水は、
ノンアルコール、無香料、無着色、無鉱物油です。

鉱物油とは、石油由来のもので、
昔は油焼けしてしまう、
なんて心配の声もありました。

しかし、現在は精製技術が発達し、
油焼けの心配はいらないといわれています。

ましてや、鉱物油は酸化しないので、
品質が変わりにくいのです。

対し、植物油は酸化しやすく、
使用方法によっては品質が変わる可能性もある為、
オーガニック化粧品には大容量のものが少ないのです。

それから、セザンヌのセラミド化粧水は弱酸性ですが、
弱酸性とは、あくまでも
キレイな肌状態のことを指します。

古い角質や汚れなどはアルカリ性で、
万が一きれいな肌状態じゃないとすると、
良い化粧水でも、決して相性は良くありません。

まとめると、セラミドというのは、
年を追うごとに、人の肌から減ってしまうように、
化粧品に配合するのも、大変デリケートだということです。

品質を守る為、添加物がどうしても多くなってしまいます。
つまり、「肌にやさしい」とうたうセラミド化粧水が
リーズナブルだということは、少々心配です。

余計なものが入っていない、
デリケートな主成分をどう保つのでしょうか?

品質の持ちが良くなく、
肌実感はしにくいのではないでしょうか?

セラミド化粧水を選ぶのなら、
少々贅沢に考えてもいいのではないでしょうか。

エトヴォスモイスチャライジングローション

では、代表して、その他人気のある
セラミド化粧水を紹介していきます。

まずは、コスメのセレクトショップなどで購入できる、
エトヴォスのモイスチャライジングローションです。

こちらも、注目のヒト型セラミドを配合しています。
肌のキメを整えてくれるという、6種類の花のエキスと、
肌の潤いを守るアミノ酸も配合され、
ふっくら肌に導いてくれます。

天然ラベンダー花水で、心までリラックスですね。

お肌自体がセラミドを作り出す力を助ける、
天然の高保湿成分と、ラベンダー花エキスの配合で、
お互いが助け合い、肌を守る機能を促進する働きを形成します。

定期的に肌荒れを起こしていたアレルギー体質の方からも、
肌状態が落ち着いたとの喜びの口コミも見つけました。

アルージェセラミド化粧水

続いて、アルージェのセラミド化粧水です。
モイスチャーリッチローションという名の、
とてもしっとりした、とろみのある化粧水です。

こちらは、ナノ化された天然のセラミドが配合されており、
肌への浸透力も高く、
セラミドを生み出す力をサポートします。

肌荒れ防止成分が2種類配合されており、
さらに3つのテストをクリアしています。

敏感肌の方の協力で、パッチテストがされており、
アレルギーテスト済で、
さらにニキビのもとになりにくいかどうかという、
コメドテストも行われています。

乳液やクリームがなくても潤うぐらい、
手放せないとの口コミがありました。

DHC薬用セラミドクイック

次に、セラミドクイックという名の
セラミド化粧水です。

こちらのセラミド化粧水は、
プラスワンアイテムとして取り入れるタイプです。

何か好きな化粧水を使用してから、
その後、セラミドクイックを使います。

セラミドは油溶性の為、
先に何かしら油分を肌に補給してから、
セラミドが肌へ浸透しやすいよう、
プラスして使う、という流れです。

プラスワンアイテムなので、
日によって皮脂が出たり、
時に乾燥したりする方にオススメです。

今日はセラミドクイックを使う、
今日は使わない、
こういった使い方ができるアイテムです。

そして、こちらのセラミドは、
植物由来のセラミドです。

花粉症ではありませんか?
植物アレルギーを持っていると、
植物由来のセラミド化粧水は合わないことも
まれにありますので、お試しを忘れずにしましょう。

いかかでしょうか。

セラミド化粧水は、ドラッグストアで手軽に購入するよりも、
少しリッチにいきませんか?

最後に、もうひとつの落とし穴も
ご案内しておきましょう。

繰り返しですが、セラミドは油溶性です。

つまりは、まったく皮脂が出ないタイプの乾燥肌には
合わないことが多い
です。

溶けずに残り、肌の中へ入っていくことが困難なのです。

ましてや化粧水自体には油分が少なく、
化粧水の油分は、そんなに期待できません。

全く皮脂が出ないタイプの乾燥肌の方には、
美容液やクリームなどでセラミドを補給してあげることをオススメします。

でも、セラミド化粧水買っちゃった…

顔に合わなかった方は、
お風呂に入れて使うのはいかがですか?

セラミドは全身に使用できます。
お風呂でキレイになった体で、
湯船につかってみてください。

セラミド化粧水は無駄にはならないはずです。

*乾燥肌でお悩みの方*
迷ったらまずはコレという美容液があります!
今なら初回926円で試せるキャンペーン中なので
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓