複数の雑誌に取り上げられており、
「老けない美容メソッド」として噂の
女性に大人気なコンシダーマル
をご存知ですか?

身近なショップにも取り扱いがあり、
見かけたことがある方も多いはずです。

まるで美容液のような姿をしているのですが、
実は、ひとつで6つの機能を持ち合わせた
オールインワン
です。

化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックはもちろんのこと、
ブースターの役割も持ち合わせているのが特徴
です。

美容成分の浸透を良くするブースター美容液は、
最近、多くの化粧品会社で人気が上がってきています。

しかし、美容意識が高い人が使用する、
そんなイメージを持つ方もいるようです。

というのも、ブースター美容液というと、
プラスワンアイテムとして、
いつものスキンケアに加えるのが
一般的な使用方法
です。

スキンケアに時間をかけたくない方は、
なかなかブースターに手を出す勇気がないようです。

コンシダーマルは、これひとつに
魅力的な機能が加わっているということで、
人気で生産が遅れるということもあったようです。

本題に入りましょう。

コンシダーマルは、ホームページより
定期コースで注文すると、
一番お得に購入できるということで、
始めやすく、人気が出ています。

お得なので、お試しで
定期コースを注文する方もいらっしゃるそうです。

そして、定期コースの規約をよく知らないで、
「解約したい」という声が
苦情になってしまったという事例があるようです。

その他、電話がつながらない、
返金保証が使えない、
など、解約についての苦情も
良い口コミに合わせ、出てきてしまいます。


アイムピンチ

今回は、コンシダーマル解約について、
その注意点についてみていきます。

コンシダーマルは本当に解約できるのか

人気のコンシダーマルですが、
少なくない苦情の声について、
内容がどのようなものか、みていきます。

まずは、定期コースを解約したいが、できない、という意見です。

これは、お得に注文した定期コースを、
お試しとして申し込んだケースに多いと思われます。

芸能人にも人気で、
「使ってみよう!」と思ったが、
そんなに好みではなかったのでしょうか。

しっかり効果実感をお肌でみていただくよう、
コンシダーマル解約には
最低3回のお届けが必要となっています。

最低継続回数に満たないまま、
解約希望を申し出てしまうパターン
です。

確かに、何かの美容成分が肌質に合わず、
肌トラブルを起こしてしまった、
ということもあるかもしれません。

敏感肌など、自覚がある場合は、
定期コースを始める前に、詳細に成分を確認してみる、
最初だけ我慢してショップで購入してみる、など
アクションを起こしてから、定期コースを考えるのもいいかもしれません。

続いて、電話がつながらない、という声についてです。

コンシダーマル解約の際、
フリーダイヤルにて対応されています。

4回目のお届け日の10日前までに連絡すると、
ちゃんと解約できるそうです。

一時期、確かに大変人気で
予想以上の問い合わせが殺到したそうです。

現在は落ち着き、電話がつながらないという声は
減ってきているようです。

もうひとつ、解約時に返金保証が使えない、という声です。

先ほど、しっかりお肌で実感してもらいたいため、
3回のお届けが必要、とありました。
それと同じで、最低15日間の使用を勧めている
そうです。

その後の90日間で申請をすると返金保証の対象だそうです。

その他、初回購入時のみ適用ですが、
リピート購入であったり、
解約時に必要な返送物を紛失してしまったり、
というパターンが多いそうです。

解約するための手段とは

このようにみていくと、
コンシダーマル解約において
苦情として声に上がりやすい原因は、
人間心理でもある「焦り」でしょうか。

幅広い層に人気でも、
まずは自分のお肌にも合うかしっかり確認してみましょう。

もしかしたら、芸能人が使っている!
絶対大丈夫!と思って
自分が敏感肌だということを忘れてしまっていたりしませんか?

あらかじめどういった美容成分や
働きが期待できるのか興味を持って調べてみたりすると、
美容に詳しくなったようで、とても楽しいですよ。

それから、定期コースがお得だからこそ、
規約をしっかり理解できるまで
申し込まないのが上手なお買い物ですね。

注文して、話題のコンシダーマルだと
舞い上がる前に、落ち着いて確認しましょう。

コンシダーマル解約には、
一定期間の肌実感をお勧めされていますので、
その期間、コンシダーマルを愛用できるよう、
他に浮気したい化粧品がないかの確認も必要ですね。

解約に関する注意事項

すでにみてきましたが、
まとめると、

コンシダーマル解約には
一定期間の使用の勧めがあり、
実際に肌で効果実感を見てもらいたい、
というのが最大のポイント
でしょうか。

他の化粧品に関してもそうです。
一般に、2~3か月の継続使用を勧める会社が多いはずです。

例えば、美白美容液とはいえ、
シミが次の日に消えていたり、
ハリ対策美容液とはいえ、
シワが次の日になくなっていたり、

まさか、そんなことないですよね。

いくら人気で話題の化粧品であっても、
人それぞれ合う合わないもあります。

コンシダーマル解約の前に、
肌に合うかどうか見る時間がたっぷりある、
と前向きに考えることもできます。

良い口コミの第三者の意見だけを見るのではなく、
先に、コンシダーマル自身について、
じっくり確認させてもらってから、
実際にお試しするのが良いでしょう。

購入前に条件をまずはチェック

コンシダーマルについて分かったら、
最初は解約する予定がなくても、
万が一の時のため、
コンシダーマル解約についても確認しておきましょう。

そして、自分のお肌にも一度聞いてみましょう。

本当に使ってみたいですか?

自分の肌に合いそうですか?

身近なショップにもあるようですが、
実際に見に行かなくても大丈夫ですか?

そして、一度家族や友人に
「どう?」と意見を求めてみるのもいいかもしれません。

化粧品は、顔に使用するもの、
周りからも見られる部分ですよね。

憧れの人や大好きな人に見られるもの、
そう考えると、コンシダーマル解約で
焦ることはなくなりそうですよね。