アクセーヌ化粧水は、安全性の高い、
厳選した成分のみで作られています。

特に、防腐剤や界面活性剤の中には、
アレルギー源となりやすい成分が存在し、
それらを使用していないのが特徴のコスメブランドです。

アクセーヌ化粧水の種類の中には、
防腐剤・界面活性剤が含まれているもの、
含まれていないものがあります。

これらはどう違うのでしょうか?

そして、一般的に、なぜ
防腐剤や界面活性剤が使用されているのでしょうか?

以下の項目で見ていきましょう。

アクセーヌ化粧水の成分は危険!?

水を含め、化粧水に配合ざれている成分は、
そのままの状態では腐ってしまいます。

その為、防腐剤が配合され、
品質を保っています。

そして、化粧水には
水分と油分が混ざり合っています。

これらを毎回使用時に
ドレッシングのように振って混ぜるのは
なんとなく受け付けにくいですよね。

美容成分の均一性もなくなり、
これが原因で肌トラブルに繋がることもあります。

これらの水分と油分を馴染ませることができるのが、
界面活性剤なのです。

実は、人間の体内や植物の中にも
存在しているんです。


アイムピンチ

決して悪い成分ではなく、
敏感肌の人にとって大切な成分なのです。

例えば、防腐剤が配合されておらず、
化粧水が腐ってしまい、
お肌に使用してしまったらどうでしょう?

例えば、界面活性剤が配合されておらず、
きちんと成分が馴染んでいなくて、
お肌に使用してしまったらどうでしょう?

どちらも、肌トラブルを引き起こしてしまう
可能性が十分あります。

アクセーヌ化粧水は、
正しい使用方法、正しい使用期間を
きっちり守る必要がありそうです。

含まれる成分とその効果

繰り返しとなりますが、
アクセーヌ化粧水には、
防腐剤・界面活性剤が含まれているものと
含まれていないものとあります。

さらには、防腐剤は含まれているが、
界面活性剤は含まれていない化粧水もあります。

それぞれ、化粧水を腐りにくくするため、
水分油分を馴染ませるために使用されている成分です。

製品ラインアップのシリーズから見ていくと、
かなりの敏感肌にオススメするシリーズはどちらもフリーです。
乾燥肌向けのシリーズにはどちらも配合されています。

しかし、もともと乾燥が気にならない肌質の人でも、
肌が敏感に傾くと乾燥肌になりやすく、
保湿したいな、と感じるはずです。

なのに、噂で良くないと聞いた成分が入っているとなると、
使いづらいですよね。

乾燥肌ケアをしたいのに、
肌が敏感で使えるかどうかわからない、
どれを使ったらいいのか、と
化粧水選びだけで疲れてしまいそうです。

それから、気になる方も多いかもしれません。
アクセーヌ化粧水はアルコール(エタノール)フリーで作られています。

敏感肌にとって、
赤くなったり、ヒリヒリしてしまったりする可能性のある、
厄介な成分です。

アルコールに弱い方には安心ですね。

もう一つ、BGという成分についてです。
アクセーヌ化粧水に含まれている成分です。

これは、低刺激なのに抗菌と保湿が期待できる成分なのです。

化粧品自体の防腐の役割として使用されることが多く、
アクセーヌ化粧水の防腐剤フリーのものは、
この成分で腐りにくくしているのかもしれません。

ただ、天然成分ではないので、
一般に添加物の扱いとなり、
無添加化粧水からははずれてしまいます。

「無添加化粧水がいいよ!」
と噂を聞いた敏感肌の方にとっては、
アクセーヌ化粧水は使いづらいと感じるかもしれませんね。

アクセーヌ化粧水の成分は、
安全性が高く、アレルギーを起こしにくいんですよ、
と言われても、少し悩んでしまう人が多いかもしれません。

アクセーヌ化粧水の口コミ

やはり、賛否両論あるようです。

皮膚科医よりオススメされた敏感肌の方には、
大変好評のようです。

皮膚科医より教えてもらったという
安心感もありますので、
不安な気持ちのまま使用するというストレスがなく、
ストレスによる肌揺らぎがなくなるのかもしれません。

中には、花粉症で赤くはれてしまった肌にも使えた、
という喜びの声もありました。

花粉症は主に季節性ですので、
特にこの成分が合わない、
という原因ではなかったため、
アクセーヌ化粧水がピッタリだったようですね。

反対に、乾燥が気になる敏感肌にとっては、
やはり物足りないようです。

アクセーヌ化粧水が水のようにサラサラで、
すぐ乾燥してしまい、
皮脂が出やすくなった、という声があります。

お肌自身が乾燥してピンチだ!と思い、
皮脂を出してお肌を守ろうとしているんですね。

敏感肌の方でも、特に乾燥が気になる方は、
「敏感肌用」で化粧水を探すより、
自分に合わない成分がないかどうか、

先にチェックしてみるといいですね。

まとめ

敏感肌用の化粧水と聞くと、
気軽に手にとって試してみたくなりますが、
すぐ安心するのではなく、
自分の肌に「なぜ」と問いかけてみましょう。

原因は人それぞれです。

自分の肌のことを一番よく分かる人、
それは自分自身です。

判断が難しい時があると思います。
時には専門家に専門知識を分けてもらいながら、
自分のお肌をいたわることを大切に、
美肌の道を歩けるといいですね。