一般に、乾燥肌というと、
「油がないから、クリームが必要なんでしょ?」
と思われている方が多いと思います。

もちろん、間違いではありません。
ただ、「なぜ油がないといけないの?」ということを知ると、
よりお肌への思いやりが高まり、
自然とお肌もイキイキ!してくれますよ。

乾燥肌に保湿クリームが必要とされる理由

まず「油」とは、皮脂のことを指します。
皮脂といえば、化粧崩れの代表格で、
ベタついたり、テカったり、厄介ですよね。

ストレス社会とも呼ばれる現代、
皮脂が少なくなってしまっている方も多いはずです。
皮脂はストレスからのダメージ以外にも、
乾燥した空気や年齢とともに奪われていきます。

 

皮脂はもともと、天然の膜となって、
お肌をあらゆるダメージから防いでくれる働きがあります。

しかし、乾燥肌はその防いでくれるものがないのです。
潤いを守りきれず、様々なダメージから防ぎきれず、
肌の水分が蒸発してしまいます。

このように、乾燥肌の道へと進んでしまうのです。

乾燥肌向けクリームの選び方

では、乾燥肌にはどんな保湿クリームが良いのでしょうか?

油分が多いもの!

と、どこからかお声が聞こえてきそうですね。
だとすると、クリームより美容オイルがいいのでは?
という新しい疑問が、もやもや浮かんできます。

 

実は、水分が少ない乾燥してしまった肌には、なめらかさがなく、
オイルを塗っても、浮いてしまって馴染みにくいのです。

ベタベタする!スキンケアめんどくさい!
そうなると、お肌への思いやりが一層なくなってしまいます。

 

保湿クリームは、お肌への馴染みが良いことはもちろん、
お肌の水分が蒸発しないようフタとなり、
乾燥をはじめとする外的ダメージから守る力となってくれる、
乾燥肌の味方、優れモノです!


アイムピンチ

 

まずは好きなテクスチャーのクリームからデビューしてもOKです。
「自分の肌に馴染むクリーム」

そこに、
美白したいですか?
エイジングケアをしたいですか?
など、

自分の希望する効果を付け加えて、
クリームを選んでいきましょう!

 

以下、オススメの保湿クリームの紹介です。

アヤナス クリーム コンセントレート(ディセンシア)

ストレスからダメージを受けやすい方にオススメ!

仕事はもちろん、家事や育児でお肌も疲れてしまっていませんか?

ストレスからくる乾燥肌は、
血行不良と切り離せないつながりにあります。
皮膚の温度が低下してしまい、
お肌の元気がなくなってしまいます。

 

そこにやってくるダメージ…。
それではいけません!

海藻の一種、パルマリンという成分が、
細胞と細胞をつなぎ合わせ、水分が出ていってしまわないように
働きかけてくれます。

ポーラ研究所オリジナル成分のジンセンXが、
血行促進を促し、皮膚の温度を上げるよう助けてくれます。

 

ビルベリー葉エキスが、
リラックス成分GABAを増やしてくれます。

コクのある感触ですが、肌にのせると、
まるでとろけていくかのよう。
リフィルがあるのもエコで嬉しいですね!

【Grace&Lucere Simius】ホワイトニングリフトケアジェル

化粧水にクリーム、スキンケア大変!
朝は忙しい!

どうしても、スキンケアを時短したい方にオススメです。

スキンケアこれひとつ!
オールインワンジェルのご紹介です。

 

化粧水、クリームが一体となっているのはもちろん、
化粧下地にもなるうえ、
美白ケアも兼ね備えたクリームです!
時間がある時はパックやマッサージもできます。

シミのもととなるメラニンが作られてしまうのを、
抑制してくれる働きのある薬用美容成分、
プラセンタが配合されています。

 

プラセンタは動物の胎盤にある成分だというのは有名ですよね。
ずばり、赤ちゃんの栄養です。
お肌の若返りに働き、
シミの沈着から遠ざけてくれるのです。

ヒフミドエッセンスクリーム(小林製薬)

こちらは、お肌にハリが欲しい!
そんな方にオススメです。

年齢・乾燥とともに小ジワが気になっていませんか?
お肌のもちもち感がなくなって、
なんとなくしぼんで見えたりしていませんか?

 

もしかすると、セラミドが減少してしまっているのかもしれません。

セラミドとは、肌表面の細胞と細胞の隙間に存在する、
人間がもともと持っている、保湿の働きのあるものです。
水分と油分をしっかり抱いて、守っています。

しかし、年をとると、お肌のセラミドが減り、
肌表面がスカスカになってしまいます。

 

これでは、外からの刺激が入り放題です。
もちろんダメージを受けてしまいますよね。

お肌の水分をしっかり捕まえてくれるセラミドを、
よりピッタリとお肌の隙間にはまってくれる、
ヒト型で補いましょう。

 

お肌のハリ不足という悩みの原因の中に、
「乾燥肌」がどっしり居座っているのです。

乾燥による小ジワにさよなら!
お肌がスカスカなんて悲しい、
うるうる・もちもちでいきましょう。

 

いかがでしょうか?

お肌を思いやってあげることのできそうな、
興味をひく保湿クリームに出会えましたでしょうか?
スキンケアが楽しい時間となりますように。
願いを込めて。