乾燥肌で肌の粉吹きが起こる!その対策方法

乾燥肌はかゆみや痛みを伴うこともあり、悩んでいる人はたくさんいるでしょう。

また見た目にも大きく影響するので、おしゃれな女性にとっては非常に大きな問題です。

ファンデーションなどのメイク用品で覆っても、

短時間でかさつきが目立つようになります。

 

かさつきだけでは済まずに粉が吹いてしまうことも珍しくありません。

特に冬になると粉吹きがひどくなり、

メイクがいつも通りにできなくなるケースも見受けられます。

その影響によって日常生活に支障が出てしまうことも多いです。

 

たとえば粉が吹いた顔では通勤するのも億劫ですし、デートに行く意欲も減ってしまいます。

そのような状態に陥る前に対策をすることが大切です。

効果的な対策をするには粉が吹く原因を

理解したうえで、スキンケアを工夫しなければなりません。

 

乾燥しているせいで粉が吹いていることは分かるけど、

具体的なメカニズムがイメージできない人もいるでしょう。

皮膚は水分の含有量が減ると、表面を覆っている角質がささくれてきます。

 

角質は魚の鱗のような形状をしており、乾燥することで剥がれやすくなるのです。

剥がれた角質が細かく崩壊することによって粉が生み出されます。


アイムピンチ

角質がなくなった部分をカバーしようとして、新しい角質が急いで作られることになります。

 

しかし応急処置的に作られてしまうため、未熟な角質になってしまうことも珍しくないです。

そうなるとまた剥がれやすくなる可能性もあり、

粉吹きが収まらない状態になりかねません。

 

この原因を踏まえると、対策として保湿が必要になることは明らかです。

皮膚が含有する水分が適切な量になると、

角質が剥がれにくくなるので粉吹きも収まりやすくなります。

 

ただし闇雲に保湿をしても、高い効果は望めないので気を付けてください。

大切なのは潤いを与える前にきれいな状態に整えることです。

普通に生活をしているだけでも、皮膚にはさまざまな汚れが付着します。

 

メイクや汗はイメージしやすいですが、

目に見えない空気中の埃や花粉なども多く付いているのです。

それらが付着したまま保湿をしても、皮膚の奥まで水分は上手く浸透しません。

 

それらが皮膚に刺激を与えることによって乾燥肌が進行してしまう恐れもあります。

そのため汚れをしっかり落とすことを重視して取り込むことが欠かせません。

そういわれると強い力で洗ってしまう人がいるので注意してください。

 

過剰な力を加え続けると負担が蓄積していき、

粉吹きよりひどいトラブルに発展してしまうケースもあります。

力を入れすぎに優しく丁寧に洗うことを心がけましょう。

 

洗うのに使う湯の温度にも気を配らなければなりません。

熱い湯のほうが汚れが落ちやすいと考えている人が多くいます。

たしかに汚れはよく落ちますが、

熱すぎると必要な皮脂まで除去してしまうので要注意です。

 

皮脂によるコーティングがなくなってしまうと、

水分が外に逃げやすくなり乾燥を促進する結果になります。

そのため熱すぎる湯は避けて、

ぬるいと感じる程度の温度に設定するのがおすすめです。

 

また湯の温度以外にも、すすぐ際には注意が必要なことがあります。

クレンジングなどの成分が残ってしまうと、

日中に付着した汚れと同様に悪影響を受けるリスクがあります。

 

それどころか洗浄力が強い場合は、

すぐに肌荒れが起こってしまう事態にもなりかねません。

そうなると粉吹きの症状もますます目立つようになると考えられます。

すすぎ残しがないように、鏡を見ながら丁寧に洗っていくのが望ましいです。

 

粉が大量に吹いている場合は、保湿に使用する美容品も慎重に選ぶ

粉が大量に吹いている場合は、乾燥が極端に進んでいる可能性があります。

そのため保湿に使用する美容品も慎重に選ばなければなりません。

たとえば化粧水も、

ヒアルロン酸などの保湿成分が多く含まれているものを選ぶことが大切です。

 

保湿成分が配合されていると書かれていても、

実際にはあまり多くないことも少なくありません。

化粧水に含まれている成分は、パッケージなどに一覧が記載されています。

 

一般的に含有量が多い成分から記載していくので、

一覧の上部に保湿成分が書かれている製品を選ぶのが無難です。

 

また角質が剥がれやすくなっているので、

ソフトな手触りのものを選ぶことも忘れてはいけません。

 

保湿には化粧水だけでなく、乳液やクリームも併用するのが基本

さらに化粧水だけでなく、乳液やクリームも併用するのが基本です。

その主な目的は、化粧水で与えた水分が蒸発してしまうのを防ぐことです。

粉が吹いている場合は角質が損なわれている可能性が高く、

皮脂に関しても十分な量に達していないケースが多く見られます。

 

化粧水だけでそのような欠点をすべて補うことは困難です。

乳液やクリームには油分が含まれており、

その成分が肌をしっかりコーティングしてくれます。

 

つまり傷ついた角質を覆ったり皮脂の機能を補填したりできるので、

粉を減らすという目的において大きな効果を発揮します。

こちらも肌触りが重要なので、サンプルなどで

テクスチャーの硬さを確かめてから選ぶのが理想です。