顔の皮がむけるのは乾燥が原因!対策方法とは

顔の皮がむけるのは乾燥が原因!対策方法とは

強く日焼けした後に皮がめくれてくるようなことを経験された方は多いと思います。

これは、新しい皮膚が盛んに作られて、

古い皮膚の細胞がはがれていくる現象なので問題ありません。

しかし、日焼けしたわけでもないのに顔で鼻の周りや口の近くの皮膚が粉を吹いてきたり、

皮がむけることがあります。

 

原因は決して一つではありませんが、その原因多くが皮膚の乾燥であると言われています。

中には、せっかくきれいにメイクしてもファンデーションからはがれてきたり、

ついつい、顔のはがれてきた皮をめくってしまう方もおられます。

どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

 

なぜかを考える前にまずは皮膚の構造を理解しておかなければいけません。

皮膚は外側から角質層、表皮、真皮、皮下組織の順で存在しています。

そして、一番外側、つまり外気に直接触れたりすることが角質層です。

そしてこの角質層にある細胞はその直下にある真皮の細胞から核が抜けて、

いわゆる死んでしまった細胞たちの集まりです。

 

角質層ではその下でレンガ状につながっていた細胞が乾燥し、

小さくなって詰まっている状態です。

そして一つ一つの細胞が密着して離れないようになっています。

しかし、角質層の細胞は死んでしまっているのでその結合は簡単に切れてしまうのです。

 

そして、その結合が弱くなったり切れてしまうことを促進してしまうのが乾燥なのです。

乾燥すると皮膚の角質層の細胞それそれがぼろぼろとはずれてしまい、

剥がれ落ちてしまいます。

それが、目で見ると粉を吹いたり、皮がむけるという現象になるのです。

 

顔の皮がむける対策方法とは

ではその対策方法について考えてみましょう。

角質層の細胞同士の結合は細胞間に存在している

セラミドなどの細胞間物質がその役割を担っています。

 

そして、その中には水分が豊富に含まれていて、

皮膚の中に水分を保持しておく機能も担っています。

しかし、水分が足りなくなり角質の細胞同士の結合が悪くなると

細胞と細胞の間の空間から水分が蒸発していくようになります。

 

すると、さらに細胞同士につながりは悪くなり、

より皮膚にある水分は蒸発していくという悪循環に陥っていくのです。

この悪循環を断ち切るためには化粧品などの保湿剤を使い

皮膚にある水分がより多く保持しておけるようにしなければいけません。

 

そして、大事なことは刺激が少ないものを使方が良いということです。

角質の細胞同士につながりが弱くなると皮膚からいろいろな刺激物による刺激を

より強く感じてしまいやすくなったり、

アレルゲンが入ってきてしまいアレルギーの引き金となったりするためです。

 

では、保湿するには保湿剤をただ使っていればいいのでしょうか。

それは違います。保湿の仕方もいいろいろあるのです。

つぎに、その保湿の方法について考えてみましょう。

 

乾燥を防ぐ、保湿方法

保湿の方法は大きくわけると、二つの方法があります。

一つ目が皮膚の中に水分を保持させておくお薬や物質、

例えばセラミドなどがたくさん含まれているものを使用することです。

 

これらの物質の多くは水の分子と結合しやすく

さらに皮膚の中に吸収されていくことで皮膚の中にある水分量を増加させます。

こうして皮膚の中の潤いを維持してくれるものです。

 

そしてもう一つ、皮膚にある水分が蒸発していってしまうことを予防するものです。

ワセリンなどがこの類の物質の典型です。

これらの保湿の方法はお互いに目的が異なるので、

症状に合わせて使い分けたり併用してりすることができます。

 

そして、使い方の最も理想的な方法としては、

一番効果的なものがお風呂上りにしっかりと、

そしてお風呂から上がったらできるだけ早く使うことです。

 

お風呂に入った直後は皮膚に含まれる水分が一日のうちで最も多い時間帯です。

そして、お風呂から上がると分単位で皮膚の水分がどんどん減ってきます。

皮膚の乾燥に悩んでいる人が、しっかりと保湿剤は使っているのに

なかなか良くならない理由として、使いタイミングが悪いことがあげられるのです。

 

乾燥している朝などにたくさん保湿剤を塗っても、

空気中の水分が皮膚に吸収されていくわけではありません。

あくまでも皮膚にある水分がいかに保持されるかが重要なのです。

 

したがって、お風呂上がりは絶好のタイミングで、

るべく早く保湿しておげるのが良いのです。

こう考えると、朝の保湿剤もいきなり保湿剤だけ塗るより、

洗顔して皮膚に水分をある程度なじませた後にしっかりと保湿することで

より効果的となることもわかっていただけるのではないでしょうか。

 

このように、保湿するにもコツがあります。

さらに、症状に応じて、軽度な症状であればどちらかの方法を使い分けたり、

症状が強ければ保湿しながらいくつかの保湿剤を併用することもいいでしょう。

 

特に顔は常に外気にさらされている部分で水分が足りなくなりやすい場所です。

保湿剤を持ち歩いて、気になったら何回も保湿剤を塗るなどの方法も

顔の粉吹きや皮がむけるような症状には効果があります。

 

*乾燥肌でお悩みの方*
迷ったらまずはコレという美容液があります!
今なら初回926円で試せるキャンペーン中なので
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓