ほうれい線に効くと話題の化粧品は嘘!?

一度出来るとなかなか消えず、

年齢とともに深く刻み込まれるほうれい線をどうにかしたい、

出来ないように対策をしておきたいと女性の多くは思っていると思います。

若い内から対策をしていると多少は出来にくいですが、

結局ほうれい線は遅かれ早かれ出来てしまいますよね。

 

エステやデパート等で販売されている高級な化粧品、

お手頃価格で購入できるドラッグストアで販売されている化粧品など

様々な場所で販売されています。

しかし、どれも効果はいまいちだと感じたことはありませんか。

高いお金を払っても、安く済ませても同じだという意見をよく聞きます。

 

ほうれい線を一時的に消すということは可能です。

それは、あくまでも化粧で誤魔化すことが出来るということです。

そもそも化粧品というのは、人の体の構造や機能に変化を与えるものではないからです。

 

それから残念なことに、マッサージも効果はありません。

ほうれい線はシワではなくたるみからくるものです。


アイムピンチ

たるみなら、血行促進をすればと思う人も多いと思いますが、

マッサージで血行促進をした所で消えません。それほど頑固なのです。

 

では、なぜ効果があると話題になっている化粧品がいくつもあるのでしょうか。

単純に、インターネットはサクラが多いですし、

効果があると感じるかどうかは、個人差があります。

また、時間をかけて努力したのだから薄くなったはずだという

思い込みもあると思います。

人の思い込みこそが一番の要因ではないだろうかと考えられます。

実際、その化粧品だけの力で消えた、薄くなったというわけではないと思います。

 

本気で女性が頑張る時、顔ヨガやマッサージ、

食事療法など良いと聞いたものは全て試しませんか。

ですので、相乗効果だったとも考えられます。

これ一つで効果があるという実証はないのではないかと考えられませんか。

 

真皮まで浸透させなければ、効果はない?

ここまでネガティブな意見を述べると、全てが無駄なような気がして嫌気がさす、

不愉快だと感じる人も多かれ少なかれいると思います。

効果があるかは本当の所分かりません。ただ、肌の構造を考えてみて欲しいです。

手で浸透させられるのは、せいぜい表皮までです。

真皮まで浸透させなければ、効果はありません。

 

真皮にはコラーゲンがあります。コラーゲンという言葉は、

美容に関連する話題ではよく取り上げられますよね。

飲むコラーゲンや、塗るコラーゲンも正直効果はありません。

これらを考えると、なかなか話題のものの信憑性を疑いませんか。

 

商品を手に取った際、表皮まで浸透なのか真皮までなのかを

記載されていないかを確認してみて下さい。

これで、多少は効果があるかどうか判断出来ます。

また、成分もしっかり確認して下さい。

 

保湿効果が高いとされる、エラスチンやセラミドなどが

記載されていると良いと思います。保湿は、肌の弾力に欠かせないものだからです。

 

生活習慣の見直し

そして、適度な運動とバランスの取れた食事を心がけてください。

運動をすることで、汗をかき新陳代謝が上がります。

新陳代謝を高めることは、アンチエイジング効果にも繋がります。

 

食事も同様です。肌のターンオーバーを早めるためにも、運動と食事は大切です。

それから、入浴や睡眠も大切です。湯船に浸かること、

適切な睡眠時間を確保することも肌に取って重要なことです。

 

肌のゴールデンタイムは夜の22時から2時とされています。

その時間は深い睡眠に入れていると良いです。

以上のことを意識して生活することこそが大切です。

 

ほうれい線に効くと話題の化粧品だけに頼るのではなく、

生活全てを見直すことで改善されるということを頭に入れておくと良いです。

何でも鵜呑みにして、それだけに頼るのはもったいないです。

自分に合った方法や商品を探してみてください。