シミや小じわ対策化粧品に必要な成分は?

顔にひとつでもあると、一気に老けた印象になってしまうのがシミです。

シミというのは、紫外線や加齢などの影響で、

メラニン色素がお肌に沈着してしまった状態です。

 

紫外線を受けたお肌というのは、

刺激から守ろうとしてメラニン色素を分泌します。

本来であれば、お肌の生まれ変わりと共に、

メラニン色素は排出されるのですが、ターンオーバーがうまくいっていないと、

お肌に残ったままになってしまいます。

 

ですから、シミの対策として化粧品を選ぶのであれば、

美白効果の高いものを選ぶ必要があります。

ビタミンCなどの美白成分は積極的に活用するようにしましょう。

 

美白成分は、これからできるメラニン色素を予防する働きがあります。

そして、お肌のターンオーバーの正常化も大切です。

ターンオーバーを正常化するのは、プラセンタです。

美容液などに配合されているので、ぜひともスキンケアに活用するようにしましょう。

 


アイムピンチ

また、小じわも気になるものです。

小じわはメイクをすれば目立たないと考える人も多いですが、

しわの中にファンデーションが入り込んでしまい、

かえって目立ってしまうことがあります。

 

そのままにしておくと、どんどん溝が深くなってしまい、

大きなしわになることもあります。小じわは、目元や口元など、

よく皮膚を動かす部位に起こります。比較的浅いしわなので、

保湿をすることで改善することができます。

 

保湿成分で有名なセラミドや、ヒアルロン酸は化粧水や乳液、

美容液、クリームなどたくさんの化粧品に配合されています。

セラミドが入っていることを宣伝しているものも少なくありませんが、

成分を確認して買うようにしましょう。

ヒアルロン酸も保湿成分として有名ですが、お肌のバリア機能を整える働きもあります。

 

シミや小じわが気になるときは、化粧品に含まれる成分に注目して選ぶ

このように、シミや小じわが気になるときは、

化粧品に含まれる成分に注目する必要があります。

使用感なども大切ですが、自分がなりたいお肌を手に入れるための成分が必要です。

美白などで、化粧水からクリームまでラインになっている場合は、

揃えて使うというのも効果的です。

 

同じメーカーの同じシリーズで揃えると、肌悩みに合ったケアが可能になります。

もし、自分に合う化粧品が分からない場合は、美容スタッフに相談してみましょう。

プロの目から見て、必要なものを選んでくれます。

 

このときに、勧められたものをそのまま買うのではなく、

自分がどういう風になりたいのかといったことや、

悩みは積極的に伝えるようにしましょう。

 

自分に合ったスキンケアを

重いクリームは苦手だということも伝えておくと、

自分に合ったスキンケアが実現します。

中には、美容スタッフに話しかけるのが苦手だという人もいるでしょう。

その場合は、売り場にあるテスターなどで実際の商品を試してみましょう。

 

テスターを使うと、香りや使用感などが自分の体験として分かります。

パッケージなどに書かれている成分表示を確認することも大切です。

最近は、インターネットでどのような成分が配合されているかということを

書いている製品が多いので、気になるものをあらかじめ

ピックアップしておくのも便利です。口コミを見て、

使用感などを確認しておくのもいいでしょう。

 

化粧品を選ぶということは、とても難しいことかもしれません。

今までニキビケアが主体だったのに、お肌の状態が変わって

シミや小じわ対策のケアをしたいと、変える場合は、

どれを選んだらいいか分からないという状態になってしまいます。

 

売り場にはたくさんの化粧品が販売されていますが、

その中から自分に合ったものを選ぶことが大切です。

成分の確認や、美容スタッフに聞くといった行動が、

自分のお肌の悩みを改善するために必要なことです。

選んだものは、指示通りにたっぷりと使うようにしましょう。