目の下の小じわは危険?化粧品のススメ

30歳を過ぎた頃から、小じわに悩む人が増えてきます。

特に目の下の小じわは目立つので悩んでいる人が多いのです。

目元や口元、目じりなどに出てくる細かいシワは、

最初はあまり目立たないものの、

次第に深いしわへと進むので注意が必要です。

 

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層で構成されており、小じわは表皮にできます。

ただ、何もせずに放置していると、真皮まで症状が進むこともあります。

通常は、表皮にある角質細胞がバリアの機能を果たしているので

肌は守られているのですが、角質細胞が乾燥などで壊れてしまうと、

しわとなって出てくるのです。

 

角質細胞の保湿力は、角質細胞間脂質、天然保湿因子、

皮脂膜によって保たれています。角質細胞間脂質は、主にセラミドで構成されており、


アイムピンチ

角質細胞間に詰まって肌のバリア機能を担っています。

水分の保持機能が8割あり、肌の保湿にとってはとても重要なのです。

天然保湿因子は、角質細胞の中で保湿する役目があります。

 

紫外線やストレスなどで働きが弱まると、肌トラブルの原因となります。

皮脂と汗が混ざった皮脂膜は、水分保持機能は高くないものの、肌を覆い守っています。

目のまわりの小じわ対策では、肌の乾燥を防ぐことが重要になります。

加齢や温度の変化により血液の流れが悪くなると、新陳代謝が低下します。

そして、新しい細胞が生まれにくくなり、肌の保湿力が落ちてしまうのです。

 

不規則な生活も、血行を悪くして乾燥の原因になります。

特に睡眠不足が続くとホルモンのバランスが崩れてしまい、

肌のターンオーバーが停滞します。細胞は睡眠中に修復が行われるので、

規則正しい生活を送ることが大切です。

 

メイク汚れや皮脂汚れが溜まると、肌トラブルの原因となりますが、

洗浄力が強いクレンジングや洗顔料を使って顔を洗うと、

必要な皮脂まで落としてしまうことが多いです。

皮脂を落としすぎると肌トラブルの原因となるので、

必要な皮脂は落とさない低刺激のクレンジングや洗顔料を使うことが大事です。

 

洗顔後は、自分の肌に合った保湿化粧品を使って、しっかりと保湿をします。

毎日の保湿ケアによって、小じわのない健やかな肌へと導くことが可能なのです。

 

乾燥した肌には、乾燥した肌から回復できる成分が配合されている化粧品を

現在、様々なメーカーが保湿化粧品を販売していますが、

肌の症状を理解して保湿化粧品を選ぶことが大切です。

合わない化粧品を使っていると、かえって乾燥がひどくなることもあります。

 

乾燥した肌には、角質細胞間脂質や天然保湿因子を補って、

乾燥した肌から回復できる成分が配合されている化粧品が適しています。

目のまわりのしわ対策に、アイクリームを使用している女性は多いです。

目のまわりの皮膚は、とてもデリケートです。

 

他の部位の皮膚に比べてかなり薄く、皮脂の分泌も少ないために皮脂膜もできにくいです。

紫外線など外部からの様々な刺激も受けやすいので、

皮膚を保護する化粧品が必要となります。

 

デリケートな目元には、目元専用のクリームが適しています。

老化や紫外線の影響で発生する深いしわは、肌の弾力とハリを支えているコラーゲン

エラスチンを補ってあげることで、改善する可能性があります。

ビタミンC誘導体も、コラーゲンを増やすので効果的です。

 

目元のたるみや小じわが気になる女性に人気なのが、レチノール配合のアイクリーム

目元のたるみや小じわが気になる女性に人気なのが、

レチノール配合のアイクリームです。

レチノールは、ビタミンAの一種で、血液中にも存在する成分です。

科学的に不安定なので、ビタミンA誘導体という形で配合されています。

 

ビタミンAは、皮膚にとって大事なビタミンで、

目の皮膚や粘膜を健康に保つ役割を担っています。

皮膚のターンオーバーを促し、傷んだ細胞を修復し、

コラーゲンやヒアルロン酸も作り出します。

 

レチノール配合のアイクリームを選ぶときは、自分のしわの状態に合った

アイクリームを選んで、正しく使うことが大事です。