目の小じわ化粧品はどれがいい?調べてみた

目の小じわ化粧品はどれがいい?調べてみた

目の小じわに効く化粧品を使う場合、「アンチエイジング作用」がある成分と、

ターンオーバーを早める成分を配合した製品が適します。

実際に目元は皮膚が薄くてデリケートですから、

使う化粧品に気をつけるべきです。

 

小じわに効果ある成分

小じわに効果ある成分は

『 プラセンタエキス ナノ化コラーゲン 加水分解エラスチン アスタキサンチン 

プラチナ ビタミンC誘導体 ビタミンE誘導体 酢酸トコフェロール レチノール 

オタネニンジン根エキス クロレラ抽出物 リンゴエキス アルカリゲネス産生多糖体 

シルク キトサンサクシナミド フラーレン センチフォリアローズエキス 

ダマスクローズ(フローラルウォーター) 』などです。

 

それら全てはアンチエイジング作用があり、小じわに効果を示しますが、

配合濃度や組み合わせによって変わります。

なるべく無添加で刺激が少ないアイテムを使用すればデメリットは避けられますが、

一般的なアイクリームやエイジングケアクリームなどは、

浸透性を高めるために乳化剤や合成界面活性剤を使っていますから、注意すべきです。

 

プラセンタエキス

プラセンタエキスは王道的な成分ですが、小じわに作用します。

皮膚の細胞を活性化させる、ターンオーバーを正常化して

コラーゲンの働きをサポートするメリットが強みです。

既に出来上がってしまったシワに特効を示します。

 

ナノ化コラーゲン

ナノ化コラーゲンはアンチエイジングや若返りに適す成分です。

効果が非常に強く、皮膚の中にあるコラーゲンの不足を補い、

弾力を与えながら皮膚の再生を促します。

使い続けていく内に気になる目元も改善されるのは大きなメリットです。

一般的なコラーゲンは分子が大きく、皮膚の保護をするあたりしか機能しません。

 

エラスチン

エラスチンは皮膚の中にある結合組織をつなぎ止める働きもあります。

不足してしまうと老化が目立ちやすくなったり、シワが出来る原因になりかねますから、

注意すべきです。エラスチンも分子がとても大きいですから、

加水分解などの手段を使って、肌に浸透しやすくなるように工夫しなくて、

機能性が生かせません。

 

アスタキサンチン

アスタキサンチンは色素の一種ですが、生物系が原料になります。

ビタミンEの1000倍以上の抗酸化作用があり、錆び付いた皮膚を還元して、

ターンオーバーを正常化します。既に出来た小じわに働きかけますが、

それ以上の進行を防いで、現在の皮膚の状態を向上させる力が強みです。

 

フラーレン

フラーレンは炭素の一種です。化学的に作られた成分ですが、

肌につけると錆を還元する力に特化していて、悪化や進行を防ぎます。

シワや老化を原因を除去・抑制しながら、若返りを誘発させるメリットも強みです。

炭素の結合体、立体的に仕上げていますから、特殊な成分と言えます。

 

他にもメリットある成分

他にもメリットある成分がありますが、主にそれら5つ(プラセンタエキス、

ナノ化コラーゲン、エラスチン、アスタキサンチン、フラーレン)のいずれか、

若しくはそれらが2つ以上が配合されている化粧品が、効果に期待できます。

 

挙げられる化粧品の一例は「ホワイトラベル 金のプラセンタもっちり白肌濃シワトール」や

「プラセホワイター 薬用美白アイクリーム」です。

二つともにプラセンタエキスが入っていますが、

シミやクマに効くといった説明が目立ちます。

 

しかし、配合されている成分は小じわに有効な説明が豊富に含まれていて、

ビタミンCも機能するのがポイントです。プチプライス系のアイテムですが、

保湿効果もあり、徐々に様々なトラブルに働きかけていきます。

しかし、注意すべきところは化学物質の添加です。

プチプライスで効果がある反面、

化学物質が少し加えてあるのはネックです。

 

化学物質が気になる場合、「プラセンタ原液」や「ビタミンC誘導体原液」を使う方が

安全と言えます。用途は違いますが、目元にも使えるはずです。

 

*乾燥肌でお悩みの方*
迷ったらまずはコレという美容液があります!
今なら初回926円で試せるキャンペーン中なので
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓