アイムピンチの美容液は使い方によっては危険?

セラビオという独特の成分を加えた「アイムピンチ」とは、

肌に良い成分をたくさん配合した美容液です。

販売会社は「低価格」で消費者に提供していますが、

その値段は1000円以内、しかも「全額返金保証付き」で、

化学物質はあまり添加していないメリットが目立ちます。

 

どの化粧品も相性がありますが、

使って皮膚に合うか合わないか分かれますから、意見も様々です。

 

使う人によっては危険な問題は出てきます。

敏感肌や化学物質アレルギーを持つ方や、極度の乾燥肌の人でない限りは

アイムピンチを使用しても問題ないと指摘できます。

 

基本的には保湿や美白、皮膚のターンオーバーを早めるように製造されていますが、

4種類ほどしか化学物質を添加していないです。

致命傷に及ぶ、肌トラブルが発生する可能性は低めです。

 


アイムピンチ

アイムピンチ美容液の成分

添加している化学物質はカルボマー、フェノキシエタノール、

アクリレーツ/アクリル酸アルキルC10ー30クロスポリマー、

トリポリヒドロキシステアリン酸ジベンタエリスチルとなります。

 

カルボマーとアクリレーツ/アクリル酸アルキルC10ー30クロスポリマーは

ポリマー剤(シリコン)ですが、微量なら肌に塗布しても問題は少ない成分です。

しかし、化学物質アレルギーの人は微量でも痒みや湿疹を招きますから、

使用は避ける必要があります。

 

主な配合目的は化粧品の粘度を高めるために配合します。

美容液やオールインワンゲル、シャンプーやコンディショナーに添加されやすい成分です。

 

フェノキシエタノールはグリコールエーテルとも呼びますが、

エタノールとは違って、防腐効果が強めな性質を持ちます。

パラベンや他の保存料の代用として使われます。

 

皮膚にはデメリットが少なく、殺菌作用もあるのがメリットです。

ヒドロキシステアリン酸の複合体、ペンタエリスリトールの複合体によって形成された

トリエステル(合成の油)となりますが、皮膚に有害とは言えない成分となります。

微量なら危険な因子になりません。

→ アイムピンチにステロイドが使用しているから危険なの?

 

万が一に皮膚トラブルが発生したら

使い方によって危険な問題が出てきますが、

それは付ける箇所に湿疹や蕁麻疹(じんましん)が出来ている時です。

皮膚疾患と呼びますが、化粧品を付ければ悪化する可能性は高めとなります。

 

そのような問題は医薬品を使って治すべきですから、

皮膚疾患が出来ている時はアイムピンチの使用は控える必要性があります。

基本的には天然原料や植物エキスをメインに製造した美容液ですから、デメリットは少ないです。

 

セラビオとは、米ぬかと大豆エキスを醗酵させて生み出した美容成分となります。

主な効果は傷ついた細胞の修復、肌のターンオーバーを早める、美白作用が強みです。

珍しい液体になりますが、販売会社は低価格と全額返金保証付きで消費者に提供しています。

 

万が一に皮膚トラブルが発生しても返金を要求できるサービスは強みです。

アイムピンチに加えてある成分は化学物質を除いては問題点が薄い物ばかりですが、

配合している化学物質は微量となります。

→ アイムピンチの美容液は使い方によっては危険?