乾燥肌に悩まされているという人は多いのではないでしょうか。

きちんとした対策をしないと乾燥はどんどん加速していきます。

対策をするために、

まずは乾燥肌の原因についてしっかりと理解しておくことが大切です。

 

乾燥肌の主な原因としては、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドの減少、

加齢による活性酸素の増加、ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れによる栄養不足、

睡眠不足、運動不足、不規則な生活リズム、疲労やストレスの蓄積、

誤った方法でのスキンケアなどがあります。

心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

これらの原因により角質のバリア機能が低下してターンオーバーが乱れると

肌細胞の生まれ変わりがうまくいかなくなり

肌が乾燥状態に陥ってしまうというメカニズムです。

 

加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸や

セラミドの不足はサプリメントで補うのが効果的です。

体の内側からしっかりと働きかけることが大切です。

 

積極的に摂取することで肌に水分をため込んで

うるおいをキープさせることができます。

活性酸素は老化の大きな原因となります。

 

体を酸化させて錆びさせるという厄介な性質を持っています。

その作用により肌の老化現象を引き起こします。

対策としては、抗酸化作用がある成分を

積極的に摂取するということが大切です。

 

ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチン、ポリフェノール、αリポ酸、

コエンザイムQ10などがそれにあたります。

これらの成分もサプリメントで摂取するのが効率的でおすすめです。

 

積極的に摂取することで活性酸素を除去して

肌の老化をストップさせる効果が期待できます。

 

肌の乾燥を改善させるためには

肌の乾燥を改善させるためには健康的で

規則正しい生活習慣を身につけることも必要不可欠です。

 

食生活においては、肉類や魚介類や乳製品や大豆製品や卵や海藻類や野菜や果物などの

食材を種類豊富に満遍なく食事のメニューに取り入れて、

タンパク質やミネラルやビタミンや食物繊維などの栄養素を

バランス良く摂取することを心がけましょう。

 

水分をこまめに摂取したり1日3食規則正しく食事をとったりすることも大切です。

生活習慣においては、良質な睡眠をとること、

適度な運動を習慣づけること、規則正しい生活リズムを身につけること、

疲労やストレスをため込まないことなどを心がけましょう。

 

とくに睡眠は必要不可欠です。

睡眠中には美肌づくりに欠かせない成長ホルモンが分泌されますので、

その分泌を促進させるためには早めの就寝を心がけて質の良い睡眠に導くことが大切です。

 

運動は、ウォーキングや体操や筋トレやストレッチなどの手軽に行うことができるものを

習慣づけて代謝アップや血行促進に努めましょう。

リラックスできる癒しやリフレッシュできる趣味を生活の中に取り入れて

疲労回復やストレス解消に努めることも大切です。

 

化粧品によるスキンケア

そして、体の外側からの働きかけとして化粧品によるスキンケアも重要になります。

保湿効果が高い化粧品を選んで丁寧なケアをしていきましょう。

保湿力を高めるためには角質を健やかな状態に保つことがポイントとなりますので、

ピーリング剤やパックやふき取り化粧水などできちんと角質ケアをしておきましょう。

 

化粧水を肌になじませる前にはブースターを使用して

角質をなめらかに柔らかくしておくことも大切です。

このような一手間をスキンケアにプラスすることで化粧水の浸透力を高めることができ、

角質層の奥の方までうるおいを行き渡らせることができるようになります。

 

化粧水はしっかりとハンドプレスで二度づけしたり

シートマスクやコットンでなじませるのが効果的です。

美容液をプラスすればさらに高い保湿効果が期待できます。

 

スキンケアの最後はクリームや乳液でしっかりと蓋をして保湿力をキープさせましょう。

乾燥肌は放置するとどんどん肌環境が悪化してしまいますので、

乾燥肌の原因をしっかりと理解して対策に努めていきましょう。