季節やストレスによって水分を奪われる乾燥肌には、

美容液を使って保湿を行うことが重要になります。

しかし種類がありすぎて、どれを選べばよいかわからない人も多いものです。

皮膚がかさつき、化粧ののりも悪く、乾燥肌の人はいろいろな悩みを持っています。

 

このような状態を克服し、メイクに負けない美しい肌へ導くために、

美容液選びが非常に重要になります。さまざまな種類がありますが、

もともと肌に存在している成分でつくられている美容液を選ぶことがおすすめです。

高い保湿力や肌なじみの良さで、乾燥肌の修繕に期待が持てます。

 

肌に存在している成分でつくられている美容液を選ぶ

乾燥肌のそもそもの原因は、もともと肌に存在している保湿成分が、

加齢やストレスにより減少してしまったことも一つに挙げられます。

そのため、美容液を使っての補充は、

肌自体の保湿力を改善することに期待が持てます。

 

肌から減ってしまった保湿成分や、それを作る成分を補うことで、

肌なじみの良い潤いの補給に加え、

保湿機能を修復する可能性が期待できるということです。

乾燥肌に効果のある美容液の選び方としては、保湿だけでなく、

主エージングケアや美白などの、肌のニーズに合わせて選ぶことが大切です。

 

そもそも肌の乾燥している状態とは、肌本来の保湿機能の低下によって、

体内に含まれている水分が体外に発散されて、乾燥を招いている状態です。

本来であれば肌は皮脂膜や天然保湿因子、細胞間脂質によって守られています。

皮脂膜とは汗や皮脂が合わさった膜のことで、表皮をカバーして水分の発散を防ぎます。

 

天然保湿因子とは、表皮の多くに存在し、空気などから水分を吸収して保湿を行います。

細胞間脂質は角質細胞同士を密着させて、肌の水分の蒸発を防ぎます。

しかしこれらの成分は、年齢や問題のある生活習慣、誤った食事の仕方などを

積み重ねることで減ってしまいます。

 

問題がある生活習慣

問題がある生活習慣としては、

野菜をとらないことによる

ビタミン不足や過度のダイエットによる栄養不足

などがあげられますが、

 

エアコンの使い過ぎによって皮脂が乾き、

肌の水分が逃げやすくなっている場合や、

睡眠不足によって成長ホルモンの生成が減り、

肌の代謝が下がってセラミドなどのうるおい成分づくりを

乏しくしてしまうことも考えられます。

 

どれも現代人の生活に密着した問題ばかりといえるでしょう。

そして生活習慣だけでなく、

洗浄力が強すぎるメイク落としや洗顔料を使用したりするとも、

必要な保湿成分を洗い流すこだわり、

乾燥に弱い皮膚にしてしまうことも考えられます。

 

保湿が期待できる成分

保湿が期待できる成分として、セラミドが挙げられます。

セラミドは肌を保湿する物質の中で大きな役割を果たす

細胞間脂質の40パーセントを占めています。

保湿美容液の成分としても非常に人気の高い成分となっています。

 

価格帯は幅広く、もともと高価な成分であるので、低価格で購入できるものは、

ほかの成分と一緒に配合されているものが多いでしょう。

もともと脂質の成分であるからとろみが強い成分ですが、

含有量が少ないものの場合は、さらっとした手触りになっているでしょう。

 

そしてもう一つの人気の成分にプラセンタが挙げられます。

プラセンタとは動物の胎盤から摂取された成分です。

 

おなかの赤ちゃんが育つためにも使われているもので、

ビタミンやミネラル、酵素、たんぱく質などの栄養が豊富に含まれています。

ビタミンやたんぱく質は天然保湿因子を作り出す成分でもあるので、

肌の保湿成分を修繕して、潤いのある美しい肌へ導く効果が期待できます。

 

これらの成分が入っているものは、決して手軽に買える値段であるとはいえません。

無理して一回だけ高額な商品を購入しても、続けられなければ意味はありません。

選ぶ際には自分の財布や肌の相性と相談して、賢く保湿を行うことが重要です。

 


アイムピンチが今なら1,000円でお試し可能!
キャンペーン終了する前にチェックしないと損ですよ♪
→ まずは気軽にお試ししてみる
⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

アイムピンチ