ビーグレンcセラムとはビタミンCを中心に様々な成分を含む美容液です。

 

主な効果としてたるみやニキビ、毛穴などの解消を挙げられていますが、

 

具体的にはどんな内容となっているのかを調べました。

 

 

 

ビーグレンでは一般的なビタミンC比べて即効性のある

 

ピュアビタミンCを厳選して配合しています。

 

このピュアビタミンCには高い効果があるものの、

 

デリケートであるという特徴があります。

 

 

 

そこでビーグレンは独自の浸透テクノロジーである「QuSome」で包み込んでいます。

 

このおかげでピュアビタミンCの効果を最大限に引き上げることに成功しています。

 

「QuSome」のおかげで角質の奥まで成分を届けることにも成功しています。

 

 

 

ビーグレンcセラムに含まれる6つの成分


アイムピンチ

 

ビーグレンcセラムに含まれる成分を細分化すると概ね6つに分けることができます。

 

具体的にはPG、アスコルビン酸、レシチン、ポリアクリルアミド、

 

イソパラフィン、ラウレス-7から成り立っています。

 

PG

順にチェックしていくと、まずPGは高価アルコールの一種です。

 

高い保湿効果と抗菌作用を持っているのが特徴です。

 

これは主にニキビやニキビ痕の改善に役立ちます。

 

ビーグレンcセラムに使用されている唯一のアルコールです。

 

 

 

アスコルビン酸

アスコルビン酸とはビタミンCのことであり、肌の毛細血管を強化したり、

 

美白をもたらしたりする美容に欠かせない成分です。

 

コラーゲンを生成する際にも用いられます。皮膚の酸化防止にも役立ちます。

 

ビーグレンcセラムでは特別なピュアビタミンCを

 

厳選しているので高い効果が期待できます。

 

 

 

レシチン

レシチンとは界面活性剤の役割を担う乳化剤です。

 

皮膚を紫外線などの刺激から守ってくれることで肌トラブルの予防に繋がります。

 

そのため、既に発生している肌トラブルだけでなく、

 

これから発生しうるニキビなどにも対処できます。

 

 

 

ポリアクリルアミド

ポリアクリルアミドとはアクリルアミドを合成して得られるものです。

 

肌を滑らかにしてスムーズに塗ることができるように配合されています。

 

これがあるかどうかで使用感が大きく変わります。

 

 

 

 

イソパラフィン

イソパラフィンは肌の水分を乾燥させないために配合されている合成の液状油です。

 

エモリエント効果と呼ばれる効果があり、

 

皮膚に潤いだけでなく栄養を与える効果があります。

 

皮膚はたっぷりと栄養を得ることでスムーズなターンオーバーを行います。

 

安全性にも優れています。

 

 

 

ラウレスと-7

ラウレスと-7とはシリコン系の合成界面活性剤です。

 

こちらもレシチンと同じく乳化剤として使用されています。

 

水のみに溶けて化粧品の使用感を向上させます。

 

レシチンとラウレスという2つの成分が乳化剤の役割を果たすことで

 

抜群の使い心地を生み出しています。

 

 

 

 

ビーグレンcセラムではその商品名からも分かる通り、

 

ビタミンCに注目が集まりがちですが実際には

 

他にも優れた成分がふんだんに使用されています。

 

 

 

効果は高めの美容液ですが、含まれている物質の刺激が気になる敏感肌や

 

乾燥肌の方は少しずつ使用することをお勧めします。