ニキビやシミといった症状には、ビタミンCの働きかけがおすすめです。

 

ビタミンCはスキンケア化粧品では有名な成分で、

 

普通に使っていれば肌に馴染んでくれると考えがちですが、

 

成分が不安定な状態だと上手く浸透しない問題があります。

 

 

 

ビーグレンcセラムにはビタミンC誘導体が高濃度に含まれていますから、

 

効率良く肌に成分を届けることが可能です。

 

 

 

過剰分泌された皮脂を抑える作用を持つビタミンC誘導体とあり、

 

ニキビの発生を予防するのに役立ちますが、

 

ビタミンC誘導体を肌に塗ることで乾燥してしまう人がいます。

 

 

 

ビーグレンcセラムは乾燥肌であっても安心して使いやすい美容液

 

ところが、ビーグレンcセラムには脂溶性のビタミンC誘導体が使われています。

 

他に水溶性のものが存在しますが、水溶性に比べると

 


アイムピンチ

皮脂の抑制力がそこまで強くありませんから、

 

乾燥肌であっても安心して使いやすい美容液です。

 

また、レシチンという保湿成分が含まれているのもポイントです。

 

 

 

細胞の間でクッションのような存在になってくれますので、

 

肌の細胞が落ち着いて、シミやそばかすなどを防ぎやすい

 

状態にしてくれるメリットを持っています。

 

 

 

ビタミンC誘導体の美肌作用は高いものの、

 

既にダメージを負っている肌に直接使うと刺激がやや強く感じられるのは確かで、

 

人によっては乾燥してしまうことも少なくありません。

 

 

 

もしもビーグレンcセラムを使っていて、肌荒れが続く状態になったら

 

もしも使っていて、肌がカサカサになったり粉が吹いたような状態になったなら、

 

しばらくビーグレンcセラムを使うのは控えてください。

 

肌が落ち着いている時に使うのがおすすめではあるものの、

 

頻繁に肌荒れが続く人も世の中にはたくさんいます。

 

 

 

そのような肌質の人は使う量を少なく調整してみると良いでしょう。

 

ビタミンC誘導体の成分量が減って、刺激が和らぐ可能性があります。

 

トラブルが起きていない部分だけに使用する方法も良いでしょう。

 

 

 

使用するとビタミンC誘導体の性質から、

 

人によっては塗った部分が微妙に熱くなったり赤くなる、

 

ヒリヒリとした刺激を感じられます。

 

 

 

ですが、しばらく時間が経過すれば元の状態に戻りますから、

 

あまり深刻に考える必要はありません。

 

熱くなるのはこの美容液には温感作用があるためで、

 

それも関係していることを忘れないようにしましょう。

 

 

 

ある程度の時間が経過しても症状が改善されないなら、

 

肌に合っていないか量が多すぎる場合があるため、

 

今後は慎重に使ってください。

 

 

 

気になるなら皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

とはいえ、ビーグレンcセラムは医薬品ではないため、

 

副作用が極端に少ない美容液です。

 

適量を使っていればまず問題になるような危険はありません。

 

 

 

乾燥を防ぐには、洗顔後に直接ビーグレンcセラムを使わないことも大切です。

 

ビタミンC誘導体が直接肌に振れると刺激が強くなってしまうからです。

 

 

 

その前にビーグレンのクレイローションや

 

QuSomeローションで肌に潤いを与えましょう。

 

その後に美容液を塗れば成分が持つ刺激が和らぎ、

 

乾燥を防ぎながらケアできます。