ビーグレンcセラムは手のひら手サイズのクリームです。

 

肌にとって良い成分は残し、

 

必要のない成分を取り除くという最高な素材にこだわったものです。

 

 

 

ビーグレン製品の一号として生まれたときから変わらない、素朴でシンプルなものを配合。

 

それは、ビタミンCの効果を最も引き延ばすことができると考え使い続けることで、

 

肌細胞そのものの生まれ変わりを使うことで実感できます。

 

 

 

ビタミン類の中でも比較的早く効く成分として、ピュアビタミンCは

 

非常に高い効果を持つものの化粧品への配合成分としてはかなり難しいと言われた成分です。

 

 

 

ビーグレン独自の浸透テクノロジーと言われた物質で包み込み、ビタミン成分を安定させ、

 

細胞角質の奥の奥まで届けて沈滞させることで、

 

効果を肌へ持続させることが可能になったものです。つけてすぐ瞬間から、

 

じんわりと温かく働くことを肌に実感してきます。

 

 


アイムピンチ

 

そしてつやのある光り輝く肌へ導ちびいていきます。

 

つけた瞬間には、肌に広がるやわらかい温かみがあります。

 

 

 

過剰皮脂バランスを整えながら肌の透明感を中から引き出し、

 

しわ、くすみ、たるみ、毛穴、シミ、くすみ、ニキビの悩みに応えます。

 

ビーグレンCセラムの副作用のうち 肌荒れの原因は乾燥肌だと考えられます。

 

 

 

ビーグレンCセラムはニキビやシミその他肌荒れに効果を発揮

 

ビーグレンCセラムは密度の高いビタミンC成分が含まれており、

 

皮脂の分泌を抑える成分も含まれているので、

 

ニキビやシミその他肌荒れに効果を発揮します。

 

 

 

反対にそれらの成分は皮脂のコントロールによって肌が乾燥しやすいに陥ります。

 

これによって肌に起こりやすいといわれているのが乾燥肌になります。

 

乾燥肌は、肌本来の皮脂分泌量が低下して、角質細胞間脂質や肌本来の保湿因子などの

 

減少により角質にある分含有量が低下している状態になります。

 

 

 

ニキビの治療やシミ、たるみに効果のあるといわれている成分は含まれていますが、

 

ビーグレンcセラムだけに肌ケアを任せてしまうと、

 

必要以上に肌が乾燥してしまうことで肌に赤みや湿疹、

 

かぶれなどの肌荒れがでることがあります。

 

 

 

このような肌症状のトラブルを減らし、

 

ビーグレンcセラムの良い効果だけをを引き出すには、

 

肌の十分な保湿が必須になってきます。

 

 

 

良い効果だけをを引き出すには、肌の十分な保湿が必須

 

顔の油脂成分はCセラムがコントロールしてくれるので、

 

顔がべたべたするといった理由で乳液や美容液を肌に塗らないことは

 

逆効果で肌トラブルの原因になるので、

 

ビーグレンのCセラムを使用すると時には、毎日の基礎化粧品を塗るときは

 

肌に充分に水分を与えるようように意識し行うことが必要となります。

 

 

 

そうすることでCセラムの良い効果を肌に与えることができます。

 

ビークレンcセラムの肌荒れと感じるときはこれらだけを気を付けることだけではなく、

 

日ごろの生活習慣の見直しも大切だと思われます。  

 

 

 

肌荒れは睡眠不足や食生活の乱れからも起こり得るので、

 

肌荒れを感じるときは肌の休息を見直して

 

十分に肌を保湿した後は体を休めることも大切です。