乾燥肌の人にとって美容液選びは重要なポイントになりますが、

 

ビーグレンcセラムを使用すると改善できると期待できます。

 

ビーグレンcセラムの主成分として肌への効果を期待できるのが

 

独自の製法によって配合されているビタミンCです。

 

 

 

ビタミンCは身体にとって必須の物質であり、

 

緻密な肌を作り上げるためにも欠かせません。

 

 

 

保湿性の高い肌を生み出すためには肌の細胞をつなぎとめている

 

細胞外マトリックスをしっかりとしたものにする必要がありますが、

 

その基本の構成成分となっているのがコラーゲンとヒアルロン酸です。

 

 

 

ビタミンCの必要性

 

ビタミンCはコラーゲンの生成に必須であり、

 

肌からしっかりと供給することによって密な

 

コラーゲンのネットワークを作り上げられるでしょう。

 

 

 


アイムピンチ

もともとビタミンCが不足してしまっているために

 

肌の状態が悪化してしまっているという人の場合には高い効果を期待できます。

 

 

 

特にビタミンCは継続的に摂取し続けないと

 

体外に排出されてしまうので、まとめて摂取しているから大丈夫という人も

 

肌の状態を良好にできるほどには肌に供給できていないこともあるので注意が必要です。

 

 

 

乾燥肌を完全に改善するには肌を作っている細胞を

 

一通り入れ替える必要があることにも留意しておきましょう。

 

 

 

新たに生まれてきた肌細胞がコラーゲンを生成して

 

緻密な細胞外マトリックスを作り上げ、古い肌細胞が除去されて

 

置き換わることにより肌の状態が改善します。

 

 

 

このターンオーバーを促進するためにも役立つのがビタミンCです。

 

新陳代謝の過程で広く用いられている栄養成分であると共に、

 

抗酸化作用を有していることで活性酸素の悪影響を減らすことができるでしょう。

 

 

 

特に抗酸化作用によって新しく生まれた肌細胞を活性酸素によって

 

引き起こされる老化から守ったり、肌の代謝サイクルに必要な酵素などの状態を

 

良好に保ったりする上でビタミンCが十分に供給できることが重要になります。

 

 

 

このようなビタミンCの魅力を知るとビタミンCを手に入れて

 

肌に塗っていれば乾燥肌は改善するという発想につながってしまうかもしれません。

 

しかし、ビタミンCは水溶性が高くてそのままでは

 

皮膚を透過しないというデメリットがあります。

 

 

 

ビタミンCのデメリットを克服するために

 

ビーグレンcセラムではこの問題を克服するために、

 

独自の製法によって生み出した超微小カプセルにビタミンCを封じることによって

 

皮膚を透過するように工夫しているのが特徴です。

 

 

 

そのため、ビーグレンcセラムを利用することによって

 

効果的に肌の改善を見込むことができるようになっています。

 

同様の解決策としてビタミンC誘導体を利用しているものもありますが、

 

ビーグレンcセラムの場合にはビタミンCそのものを

 

肌に送り届けることができる点で優れています。

 

 

 

ビタミンC誘導体は皮膚を透過した後、

 

代謝を受けてビタミンCに変換されなければならないため、

 

代謝が滞っている人の場合には効果が薄くなってしまう可能性は否定できません。

 

 

 

ビーグレンcセラムであればその問題もなく、

 

乾燥肌の対策として利用できるようになっています。