乾燥肌で炎症を起きる理由とは

乾燥肌で炎症を起きる理由とは

 

 

肌にとって乾燥している状態というのは

 

実はあまり好ましくない状態であることをご存知でしょうか。

 

 

 

冬場の空気が乾燥しているだけでなく、

 

1年中乾燥肌に悩まされている人は多いとされていますが、

 

それに伴って炎症を起こしてしまう人も少なくないとされています。

 

では、なぜ乾燥肌だと炎症を起こしやすくなってしまうのでしょうか。

 

 

 

通常、肌というのは自身から分泌される皮脂と

 

セラミドを始めとする角質細胞間脂質とい成分が肌を潤しているのですが、

 

肌内部の水分含有量が著しく低下した状態というのが乾燥肌とされています。

 

 

 

乾燥肌は肌バリア機能が低下した状態

 

 

その状態になってしまうと肌のバリア機能が衰えてしまうことで

 

外部からの刺激に弱くなり、痒みや赤みなどを

 

起こしやすくなってしまうとされています。

 

 

 

肌バリア機能が低下した状態というのは、

 

衣服の擦れや冷たい風、普段使い慣れているはずの

 

化粧品でさえ刺激となってしまうとされています。

 

 

 

そして、本来正常の状態であれば弱酸性に保たれている肌のpHが

 

アルカリ性に傾くことで三菌が繁殖しやすくなると同時に

 

痒みなどが生じるようになるとされているのです。

 

 

 

炎症を起こしてかゆくなっているとき描いてしまうと

 

一時的にはそのかゆさは解消されるのですが、

 

肌がますます傷ついていることには変わりありません。

 

 

 

肌に傷がついてしまうことでますますかゆみを増し、

 

かゆみを誘発成分であるヒスタミンがどんどん分泌されるようになり

 

結果的に抑えきれない痒みへと発展してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

 

乾燥肌によるかゆみなどの炎症を改善するには

 

 

乾燥肌によるかゆみなどの炎症を改善するには、

 

ただかくのではなく尿素や抗ヒスタミン剤、

 

ビタミンEなどが配合されている保湿クリームなどを

 

使用して改善していくのが良いと言えるでしょう。

 

 

 

特に、かゆみだけでなく赤みなどもひどい場合には、

 

普段のスキンケアではますます悪化させてしまうことにも

 

つながりかねませんので、自己判断で何かを使用するよりも

 

皮膚科などの専門医に一度受診するのが良いと言えるでしょう。

 

 

 

特に、普段の生活だけでなく入浴などの際にも注意が必要です。

 

熱過ぎるお湯だと必要な皮脂まで

 

洗い流してしまう可能性がありますので、

 

40度以下のぬるめのお湯がおすすめです。

 

 

 

身体を洗う際もごしごしこするように洗うのではなく

 

刺激の少ないスポンジで優しく洗い流すように心がけましょう。

 

 

 

普段の生活の過ごし方や保湿によって

 

乾燥肌による炎症を抑えることもできますので、

 

しっかりとケアをしていくことをおすすめします。

 

 

 

*乾燥肌でお悩みの方*
迷ったらまずはコレという美容液があります!
今なら初回926円で試せるキャンペーン中なので
まずは下記の体験談をチェックしてみてください。
↓ ↓ ↓