年齢を重ねてくると

 

皮膚の水分と油分のバランスが乱れてきてしまうので

 

肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

 

 

肌のバリア機能が低下してしまうと水分や油分の量が少なくなってしまうので

 

次第に肌が乾燥してきてしまいます。

 

乾燥肌の原因は空気が乾燥している事以外にもあるので注意しなければいけません。

 

 

 

そこで肌のバリア機能が低下して乾燥肌になってしまう要因をいくつか挙げていく事にしましょう。

 

 

 

乾燥肌になってしまう要因

 

 

・体を洗い過ぎている

 

清潔にしておく事は誰もが思っている事なので入浴中は念入りに体を洗ってしまう事も多いでしょう。


アイムピンチ

 

しかし体を洗う時にゴシゴシ強く洗ってしまうと皮膚に刺激を与えてしまい

 

毎日続けていると肌のバリア機能が低下してきてしまいます。

 

 

 

それにより肌に必要な水分や油分が不足してしまうので乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥肌を改善していくには洗浄力が弱めで刺激の少ないボディソープを

 

泡立てて手で優しく洗うようにするといいでしょう。

 

 

 

・食生活の乱れ

 

 

最近ではファーストフードなどいろいろな飲食店が出てきているので自炊をする人も少なくなっています。

 

ファーストフードなどは脂質や添加物が多く含まれた食べ物が多いので

 

食べてばかりいると栄養バランスが乱れてきてしまい肌に必要な栄養素が行き渡らなくなってしまいます。

 

 

 

それにより肌の状態も悪化して乾燥肌になる事も多いので

 

改善していくにはなるべくファーストフードを控えて自炊をして野菜を食べるようにするといいでしょう。

 

 

 

・ストレス

 

仕事や人間関係などでストレスが溜まる事も多いですが、そのストレスも乾燥肌になる要因の一つです。

 

ストレスを溜めてしまうと体が緊張した状態になってしまうので血管が収縮してしまいます。

 

血管が収縮すると血流が悪くなるので

 

肌に必要な栄養素が行き渡らなくなったり老廃物も体内に溜まりやすくなります。

 

 

 

それにより肌の状態も悪化してしまうので乾燥肌になってしまう事もよくあります。

 

乾燥肌を改善していくには定期的に気分転換をして溜まったストレスを発散させておくようにしましょう。

 

 

 

肌のバリア機能が低下して乾燥肌になってしまう要因は体を洗い過ぎている、

 

食生活の乱れ、ストレスなので日常生活の中で改善していくといいでしょう。

 

また肌にダメージを受けた時に修復してくれるのは成長ホルモンが分泌する睡眠中で

 

特に22時〜2時の時間帯に多く分泌すると言われているので

 

乾燥肌を改善していくにはこの時間帯を含めて最低7時間は睡眠を取るようにするといいでしょう。