私はとても手が乾燥しやすいです。

 

乾燥で食器用洗剤がしみてしまうときがあるほどです。

 

 

 

私が考える手の乾燥肌の原因

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

 

私は若干潔癖症のようなところがあって、手を洗いすぎてしまうことがあります。

 

また、潔癖症のようなところがあるために、

 

石鹸を手につけている時間が長いこともあり、

 

乾燥してしまい、荒れやすくなってしまっています。

 

 

 

毎日の食器の洗いものも多く、掃除や食器洗いでも

 

手が荒れてしまう原因になってしまっているのではないかと思っています。

 

 

 

手が荒れているのに、クリームがしみてしまうと思ってしまうということと、

 


アイムピンチ

私は結構面倒くさがりなので、クリームを塗らないことが多かったです。

 

なので、多分それが原因で手が乾燥してしまっていたのではないかと思っています。

 

 

 

手が乾燥していて困ったこと

 

食器を洗っているときに、食器用洗剤がしみてしまうことです。

 

また、外出から帰ってきたときなど、

 

手を洗うときにも石鹸によってはしみてしまうことがありました。

 

 

 

また、それによって特に食器洗いをしているときに、

 

しみてしまい、しみてしまうだけではなく、痛くなってしまっているために

 

食器を割ってしまいそうになってしまうことがあることです。

 

 

 

手の乾燥肌対策

 

私が実践した手の乾燥肌対策は、クリームを塗って、ビニール手袋をはめることです。

 

ビニール手袋をはめておくことで、ビニール手袋の中がしっとりして、

 

保湿をきちんとすることが出来るのではないかと思ったからです。

 

 

 

また、ビニール手袋をはめておくことによって、クリームでベタベタしてしまった手を、

 

クリームがベタベタしないようになるまで塗りこみ終わらなければ、

 

何も触ることが出来なくなってしまうので、

 

それまでクリームを塗りこむ時間を短縮することが出来ます。

 

 

 

なので、手にクリームを塗った後、ビニール手袋をはめておくことによって、

 

ドアノブもすぐに触ることが出来るようになります。

 

 

 

手の乾燥肌対策を実践した結果

 

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

 

私がこのクリームを塗った後に、

 

ビニール手袋をはめるという手の乾燥肌対策を実践した結果としては、

 

私の場合は、たった1日で手の乾燥を大分改善することが出来たのではないかと思います。

 

 

 

また、あまり手を洗いすぎてしまうとすぐに手の乾燥肌が悪化してしまいましたが、

 

こまめに続けることで、少しずつですが、

 

手が乾燥肌になりにくくなってきたのではないかと思いました。

 

また、特に冬は、手の乾燥肌対策を入念に行わなければいけないなと思いました。